どうやってファンドラップは始めるの?

ファンドラップの始め方は簡単

ファンドラップは証券会社や銀行によって最低運用資産額が違いますので、最低資産額に達する金額を集めることから始めます。その金額に達したらファンドラップを運用している会社に預けることで運用開始です。ただし、その前にしっかりファンドラップについてに説明を受ける必要があるでしょう。リスクや報酬などの内容を知らないで投資することは無謀だからです。概要を資料で読んだとしても、もう一度説明を受けることをおすすめします。細かい点で勘違いなどがあると後で困ったことになるかもしれないからです。預ける期間や引き出す時の規約なども併せて確認しておくと良いでしょう。お金を預けるという表現をしていますが、銀行に預けるのとは違う種類のものだからです。

ファンドラップを始めるのなら各社の比較を忘れずに

ファンドラップは証券会社や銀行が運用をして、増えた分を還元するという考え方です。運用するのはプロのファンドマネジャーですし、運用にはマイナスにならないような投資先が選ばれています。ファンドラップで支払うべきものに手数料や報酬があります。会社によっては成功報酬を求められるところもありますし、別の会社では固定報酬というところもあるのです。運用を任せて預けるものなので、報酬は当然支払うべきものでしょう。ですが、各社によってその払う金額が違うので注意が必要です。数パーセントの違いで、大きく支払う料金が変わってきます。そのため細かく数字を見ていく必要があります。比較すると安いところと高いところがありますので、預ける会社を決める前に必ず比較検討しましょう。